本とともに暮らす家 / お施主さまの声

 

ありがたいことに、お施主さまからとても嬉しいお声を頂きました。

 

【お施主さまの声】

家を建てるなら、建築家の方にお願いすると、子どもの頃から決めていました。
娘の小学校入学を機に実家近くに家を建てることになっていたのですが、注文住宅にすると決めていても、建築家の方に知り合いがいるわけでもなく……。マッチングサイトさんに、言わば駆け込み(笑)、小嶋さんが作ってきた家に出逢いました。一目見て感銘し、「この人に!」と、設計をお願いしました。
実際、設計が始まると、選択肢の多さに逡巡することばかり(苦笑)。それなのに、家に対するイメージと変なこだわりだけはある困った施主であったわたしの優柔不断で曖昧なリクエストを、小嶋さんは根気強く具現化して行ってくださいました。たとえば、わたしは家中を白色で統一したかったのですが、プロの建築家として、家の中の配色のメリハリの大切さをアドバイスくださり、わたし自身心から納得して、現在の配色でオーダーさせていただしました。差し色が入ることで、逆に白色が際立つとは、プロの審美眼にただただ脱帽、感服しています。
他にも、デザインと空間の素晴らしさは言うまでもなく、日々細かく掃除をできないわたしを慮った家具やパーツの配置など、恥ずかしながら、家創りの最中ではわたしが気がつくことができなかったことを優しい笑顔で導いてくださいました。本当にありがとうございました。
いま、愛しい我が家で生活をして、日々、家という空間が家族をよりいい形に再生させてくれていると、実感しています。小嶋さんこだわりの無垢の木材や漆喰の壁の威力も、生活して初めて理解できました。そんなこと、小嶋さんと家創りをするまで、信じていませんでした。100冊の実用書を読むより、小嶋さんのご意見こそが、リアルな家創り。最高で最上の家と幸せを、ありがとうございます。

 

【竣工写真】

※こぢこぢメンバーで「本とともに暮らす家」へ遊びに行った時の記事はこちら。
本とともに暮らす家 / お正月の親戚の家

 

お施主さまの声 / 一覧

これまでの仕事 / 本とともに暮らす家 へ