こもれびハウス について考えたこと

《こもれびハウスについて考えたこと》

通風、採光、収納多く、といったごくごく一般的なご要望が数行並んでいる中、唯一、Fさんの拘りを感じたのは「大きな窓」という文字でした。

東西に長い旗竿地に対して、どのような開口部(窓)を空けるのか?特に、大きな窓をどこに空けるか?
それがこの住宅にとって最大の課題でした。

色々な可能性を検討しましたが、西側のアプローチへ向けて大きな窓を空けることにしました。
なぜ西側なの?と聞かれたら、こう答えたいと思います。

木を植えたかったから。

「大きな窓の前に一本の大きな木を植える」というシンプルな操作で、「プライバシー」と「窓先の景色」を確保するのが狙いです。
夕暮れ時、木漏れ日の食卓を囲むFさん家族の姿が目に浮かびます。

 

 

《暮らしの一コマ》

Fさんから、素敵な写真を頂きました。

切り取っているのは何気ない日常の一コマですが、映し出そうとしているのはその奥に潜んでいる情緒なのかもしれません。

どれも本当に素敵な写真ばかりですので、是非ご覧ください。

 

※こもれびハウスでの暮らしぶりをFさんがInstagramにアップしています。
コチラのリンクから是非ご覧ください!
https://www.instagram.com/fuka_0718/?hl=ja
(ユーザーネームはfuka_0718です)