FUN! HOUSE! SOFA について考えたこと

2014年、ソファブランドMANUALgraphのオーナー鈴木さんからご自宅の設計を依頼された際、ソファの開発も同時に依頼されました。

MANUALgraphのブランドコンセプト『FUN! SOFA!』を丸ごと体現する家「FUN! HOUSE!」と、その家のためのソファ「FUN! HOUSE! SOFA」。そして、そのソファはMANUALgraphの新たなラインナップとして販売したいというお話でした。

【FUN! HOUSE! SOFAの コンセプト】
・一度座ったら立ち上がることができなくなるくらいの究極の座り心地
・汚れやシワを気にせず、リラックスして過ごせるような、ザックリした風合いを持つ生地
・壁際ではなく空間の中心に置かれることも想定した360度どこから見ても美しいデザイン

そんなソファをつくっていく中で、特に苦労をしたのは座り心地でした。

空間の中心に置かれても圧迫感を感じさせないようにソファの高さを低く抑えたい。しかし、座り心地を追求すると背もたれの高さはある程度必要。このジレンマを解消するため、「ソファに座った時に通常よりも座面が深く沈み込むことで背もたれの高さを確保しよう」というアイディアが生まれました。 それができれば、ソファ全体の高さは低く抑えつつ、座り心地の良いソファがつくれます。

しかし、深く沈み込みながらも座り心地の良い柔らかい座面を作ることは想像以上の難しさでした。とにかくトライ&エラーを繰り返すしかありませんでしたが、途中、そもそものコンセプトに無理があったのではないか?本当に完成するのか?と疑ってしまう程難しい挑戦でした。

話を頂いてから完成するまで、3年の歳月を要しましたが、「最高のソファです!」と自信を持って言えるものが出来上がりました。からだ全体がソファに優しく包み込まれるような、今まで味わったことのない 座り心地となっています。

こぢこぢ事務所にも設置される予定ですので、ご興味のある方は座り心地を試しに是非、当事務所まで足をお運び頂ければと思います。

MANUAL graphのFUN!HOUSE!SOFAページはこちらです。是非ごらんください。
https://manualgraph.com/fun-house-sofa/

こちらの特設ページでは完成までのストーリーが鈴木さんの口から語られています。
https://manualgraph.com/magazine/story/2017/09/30/story-fun-funhousesofa/

こぢこぢBLOGでもFUN!HOUSE!SOFAについて色々書いてきましたので、よろしければご覧ください。
https://kodikodi.com/blog/archives/category/project/funhouse-sofa