本とともに暮らす家 / 着工前に施主支給品が続々

先日、無事に工事契約が済み、建築確認も本受付が完了し、いよいよ来週地鎮祭です!

そんな段階の今日この頃、こぢこぢ事務所には写真のような施主支給品(アンティーク照明5個/個人輸入の照明/品薄の輸入照明/アンティークパレット)がキープされています。

%e7%a3%af%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af

すごいでしょ〜。
何がすごいかって?

これらの選定や購入に対し、この段階で設計事務所がガッツリと関わっていることがです。

つまり、こぢこぢの目指している「家具・カーテンのコーディネートも含めたトータルな空間づくり」と、それを実現するために行う「資金シミュレーション」があってこその、施主支給品なんです。

さて、これらの拘りの品々が、どのように空間に配置され、どのような影響を空間に及ぼんでしょうか?
乞うご期待!

※資金シミュレーションについてはこちらのブログをご覧ください。
 https://kodikodi.com/blog/archives/1765