そよかぜハウス / 南南西に進路を取れ!

模型写真

「え、ソレ見セチャウノ?」
コソコソ声でとがめる奥さんを尻目に、ご主人は鞄から分厚い紙の束を取り出しました。テーブルに広げると、海外サイトで見かけるようなオシャレな写真がわんさかと!
Mさんご夫婦と初めてお会いしたときの話です。

さて、いよいよ土地が決まり、改めてヒヤリング~プレゼンという段階。大量の写真のお陰で、お二人のデザインの好みはバッチリ掴めましたが、家づくりの核となるものを見つけ出すには、もう少し絞って頂く必要があります。

という訳で「夫婦が選んだ憧れの写真、ベスト5!」発表~〜まずは奥さん部門、第5位!!!・・・といった感じで、ご夫婦それぞれ5枚づつ、合計10枚を選んで頂きました。

デッキに面した大きめの窓、その先には緑の木々、床には木漏れ日の影、見上げると吹き抜けの向こうに青い空。外あるいは自然を感じる写真が多数。

それと、吹き抜け越しに別の空間が見えているような写真も結構多い。

何だろう、どちらの系統も「見通しが効く」というか「視線の抜けがいい」というか。僕には、そこを緩やかに流れる「そよ風」が見えたような気がしました。

そよかぜハウス。
いいじゃない!!

 

さて、敷地の周辺状況を見てみると、南南西に向かって道路が延びていて、その方向に「抜け」があることがわかります。(写真下方)

周辺模型2

また、地域の風向を調べたところ、夏場は昼夜ともに南南西から風が吹くことがわかりました・・・奇跡すぎる風向き!

2 横浜の気温上昇

 

ということで、敷地の南西に庭を設け、そこをL型に囲うように建物を配置。建物の中心には2層吹き抜けのリビングを設け、上下階で風と視線が抜ける空間構成としました。一つ屋根の下どこにいてもお互いの気配を感じられる、文字通り風通しのいい家「そよかぜハウス」

今からとても楽しみです!

断面パース

 

補足)
サブタイトル「南南西に進路を取れ」は、ヒッチコック映画の名作「北北西に進路を取れ」へのオマージュです。家のタイトルを「南南西に進路を取る家」にしても良かったかな。笑